ご案内:第45回経済政策勉強会『マイナス金利』(6月18日)

投稿者: | 2016年6月18日

テーマ:日本の観光戦略を考える

課題図書:デービッド アトキンソン著『新・観光立国論』

Amazonリンク
>東京都内の本屋さん在庫検索(東京都書店商業組合)

dokusyo45

6月の経済政策勉強会のテーマは『マイナス金利』です。

2016年1月29日に開かれた日銀の金融政策決定会合で、マイナス金利政策の導入が決定されました。
マイナス金利政策とは、日銀がこれまで推し進めてきた量的・質的緩和に加え、民間銀行が中央銀行に預け入れる預金の金利をマイナスにすることで、国際金融市場の安定化や設備投資需要の増加を通じて物価上昇・景気回復を見込んだ政策とされています。
一方で、資源価格の下落、中国経済の低迷や米国経済の減速懸念が、日本経済に悪影響を及ぼしつつあります。
そのような中、マイナス金利政策が今後の日本の景気動向にどのような影響を与えるのか、強い関心が寄せられています。

そこで今回の勉強会は、『マイナス金利』 をテーマに日本の金融政策を取り扱います。

課題図書は、『緊急解説 マイナス金利』です。
本書では、日本経済新聞編集委員である著者が、マイナス金利政策が導入された経緯から導入後の日本経済に対する影響や、懸念される副作用について平易に解説されておりマイナス金利を理解するためには最適の一冊です。

本書を題材に、現在の日本の金融政策の課題、今後の方向性について議論したいと思います。ご興味ある方の参加を、お待ちしております!

★申し込みは「こくちーず(無料告知サービス)」もしくは、Facebookにて受け付けております。参加をご希望の方は、以下のページより、お申し込み手続きをお願いいたします。

 

★また、本研究会に関するお問い合わせなどがありましたら、随時、以下のアドレスまでメールください。
tsepinfo@gmail.com

【日 時】6月18日(土) 14:00~16:30
※終了後懇親会を行います
【場 所】法政大学 外濠校舎3階 S301番教室・S302番教室
(JR総武線・都営大江戸線・東京メトロ『飯田橋駅』、JR総武線・都営新宿線・東京メトロ『市ヶ谷駅』)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
【参加費】勉強会:1,000円(※学生は500円)
懇親会:1,000円(講義室で開催予定)
【定 員】40名
【テーマ】マイナス金利
【発表者】渡辺 拓也 (TSEP運営メンバー 公認会計士)
【課題図書】『緊急解説 マイナス金利』(清水功哉著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4532263050

【キャンセル規程】
キャンセルをされる場合は、6月15日(水)までに、こくちーずよりキャンセル手続きをお願いします。
https://ssl.kokucheese.com/event/cancel/402352/

【その他】
・参加者は事前に課題図書を読まれることを推奨します。
(レジュメによる解説を行いますので、時間がなくて本が読めないという方も歓迎します!)
・当日は名刺交換を行いますので、ぜひ名刺をご持参ください(任意)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です