ご案内:第47回経済政策勉強会『人口減社会の可能性』(10月15日)

投稿者: | 2016年9月24日

テーマ:人口減社会の可能性
課題図書:村上由美子著『武器としての人口減社会』

seisaku47_book

Amazonリンク

10月の経済政策勉強会のテーマは『人口減社会の可能性』です。

人口ボーナスの追い風を受け、世界屈指の経済国家となった我が国ですが、2010年を境に人口減社会に突入しました。国家として大きな転換点を迎えたといえます。

社会保障の問題、地方の衰退、労働力の減少と、人口減から来る諸問題を見越して、悲観的な観測を述べる識者も多く見受けられます。いっぽう女性の社会進出、制度疲労を起こしている働き方など、顕在化している課題も多くありますが、逆説的に捉えると、秘めたポテンシャルもあり、伸びしろがあるともいえます。

他の先進国でも既に顕在化している人口減社会に真正面から取り組み、明るい未来を築くことは、我が国だけではなく、国際社会においても大変有意義なことです。

そこで、今回の経済政策勉強会は、『人口減社会の可能性』をテーマに取り上げます。

客観的視点で日本のポテンシャルを統括し、人口減という難しい課題にどう向き合い、どのような将来へ進むべきか、参加者の皆さまと一緒に考えたいと思います。

課題図書は、『武器としての人口減社会』です。

本書ではOECD東京センター長である著者が、豊富な国際統計を基に、客観的な日本の能力を測り、将来に向けた提言が書かれています。人口減社会を迎えた我が国の可能性を探るには最適な一冊です。

本書を課題図書に、人口減社会を前提とした、明るい未来を参加者と一緒に考えたいと思います。

皆さまの参加を、心よりお待ちしております!

 

★申し込みは「こくちーず(無料告知サービス)」もしくは、Facebookにて受け付けております。参加をご希望の方は、以下のページより、お申し込み手続きをお願いいたします。

イベント申し込みフォームへ

★また、本研究会に関するお問い合わせなどがありましたら、随時、以下のアドレスまでメールください。
tsepinfo@gmail.com

【日 時】10月15日(土) 14:00~16:30
※終了後懇親会を行います

【場 所】法政大学 外濠校舎2階 S201・S202番教室
(JR総武線・都営大江戸線・東京メトロ『飯田橋駅』、JR総武線・都営新宿線・東京メトロ『市ヶ谷駅』)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
【参加費】勉強会:1,000円
懇親会:1,000円(講義室で開催予定)
【定 員】40名
【テーマ】人口減社会の可能性
【発表者】新沼 進 (TSEP運営メンバー)
【課題図書】『武器としての人口減社会』(村上 由美子著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4334039375

【キャンセル規程】
キャンセルをされる場合は、10月12日(水)までに、こくちーずよりキャンセル手続きをお願いします。

【その他】
・参加者は事前に課題図書を読まれることを推奨します。
(レジュメによる解説を行いますので、時間がなくて本が読めないという方も歓迎します!)
・当日は名刺交換を行いますので、ぜひ名刺をご持参ください(任意)。