ご案内:第62回経済政策勉強会「データエコノミーの本質」(10月19日)

投稿者: | 2019年9月24日

Amazonリンク

テーマ:データエコノミーの本質
課題図書:『データ資本主義 – 21世紀ゴールドラッシュの勝者は誰か』(野口悠紀雄 著)

データは”21世紀の石油”とも呼ばれています。データを収集しているGAFAを中心としたプラットフォーマーの支配力は日々増大しておりおり、さらには、ビジネスという範疇を超え大きく世界に影響を及ぼしつつあります。

そのいっぽう、GAFAの影響力に対処すべく、プラットフォーマへの規制の在り方がクローズアップされてきました。欧州では、GDPR(EU一般データ保護規則)が制定され,。中国でもGAFAに対抗するようなプラットフォーマーも現れ、データエコノミーを軸に世界は混沌としてきたともいえます。

そこで今回は、「データエコノミーの本質」テーマに取り上げ、学び議論したいと思います。

課題図書は、 「データ資本主義 -21世紀ゴールドラッシュの勝者は誰か」です。本書では、ビッグデータの新たな価値から、ビッグデータビジネスの新たな潮流を隈なく述べており、その背後にあるプロファイリングや監視社会など新たな社会問題にも踏み込んで論じています。データエコノミーについて理解する上で最適の本と言えます。

・ビッグデータによって経済・ビジネスはどう変わるのか
・プラットフォーマへの規制の在り方はどうすべきか
・プラットフォーマーによって世界はどう変わるのか

など、参加者の皆さまと議論したいと思います。ご興味ある皆さま奮ってご参加ください!

★申し込みは「こくちーず(無料告知サービス)」もしくは、Facebookにて受け付けております。参加をご希望の方は、以下のページより、お申し込み手続きをお願いいたします。

(こくちーずからの申込)

イベント申し込みフォームへ

(Facebookのイベントページからのお申し込み)
Facebookイベントページ

★また、本研究会に関するお問い合わせなどがありましたら、随時、以下のアドレスまでメールください。
tsepinfo@gmail.com

【日 時】10月19日(土) 14:00~16:45
※終了後、勉強会会場にて懇親会(立食形式)を行います
【場 所】法政大学 外濠校舎4階  S401・402教室
(JR総武線・都営大江戸線・東京メトロ『飯田橋駅』、JR総武線・都営新宿線・東京メトロ『市ヶ谷駅』)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

【参加費】勉強会:1,000円
     懇親会:1,000円(講義室で開催)
【定 員】40名
【テーマ】データエコノミーの本質
【発表者】新沼進(tsep副代表)
【課題図書】 『データ資本主義 – 21世紀ゴールドラッシュの勝者は誰か』(野口悠紀雄 著)
【キャンセル規程】
キャンセルをされる場合は、10月15日(水)までに、こくちーずよりキャンセル手続きをお願いします。
【その他】
・参加者は事前に課題図書を読まれることを推奨します。
(レジュメによる解説を行いますので、時間がなくて本が読めないという方も歓迎します!)
・当日は名刺交換を行いますので、ぜひ名刺をご持参ください(任意)。