ご案内:第26回ビジネス勉強会「RPA(ロボットによる業務自動化)による業務プロセス改革」(6月17日)

投稿者: | 2017年5月29日

テーマ:RPAによる業務プロセス改革
課題図書:大角暢之著『RPA革命の衝撃』

Amazonリンク

6月のビジネス勉強会のテーマは「PRAによる業務プロセス改革」です。

ここ数年、IoT・ビックデータ・人工知能(AI)といった最新技術の研究が進み、実際のビジネスの現場でもこれらのテクノロジーの導入が進みつつあります。
一方で、業務の自動化・効率化により様々な業種・職種で現在の業務の多くが機械に置き換わり、多くの人間の仕事が失われていく未来が予測されています。
業務の自動化は人から仕事を奪うという見方がある半面、付加価値の低い単純労働から人間を解放して高付加価値の業務にシフトすることが可能であるとも言えます。
このような最新技術で近年注目を集めつつあるのが、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す概念であるRPA(Robotic Process Automation)です。

そこで今回のビジネス勉強会では「RPAによる業務プロセス改革」をテーマに議論します。

課題図書は『RPA革命の衝撃』(大角暢之著)です。

課題図書ではRPAとは何かから、先行して導入されている欧米での動向、さらにはRPAの活用事例や日本でのRPAの未来について解説されています。
新しい概念であるRPAについて、RPAのサービスを提供する企業の代表取締役である著者が具体的な事例を交えて解説をしているため、RPAとは何かを理解する題材として最良の書籍です。

未来の私達の働き方を劇的に変革させる可能性を秘めたRPAについて、多面的な角度で深く議論したい方の参加をお待ちしております!

今回は特別に、勉強会終了後に、ただいまネット公開されで密かに話題になっている経済産業省の若手官僚によるレポート「不安な個人、立ちすくむ国家 ~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~ 」について作成に携わった官僚自らエッセンスを発表する時間も設けます。乞うご期待!

 

★申し込みは「こくちーず(無料告知サービス)」もしくは、Facebookにて受け付けております。参加をご希望の方は、以下のページより、お申し込み手続きをお願いいたします。

イベント申し込みフォームへ

★また、本研究会に関するお問い合わせなどがありましたら、随時、以下のアドレスまでメールください。
tsepinfo@gmail.com

【日 時】6月17日(土) 14:00~16:30
※終了後、懇親会時に「不安な個人、立ちすくむ国家 ~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~ 」の発表を行います

【場 所】法政大学 外濠校舎5階 s503番教室
(JR総武線・都営大江戸線・東京メトロ『飯田橋駅』、JR総武線・都営新宿線・東京メトロ『市ヶ谷駅』)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
【参加費】勉強会:1,000円
懇親会:1,000円(講義室で開催)
【定 員】40名
【テーマ】RPAによる業務プロセス改革
【発表者】渡辺拓也 (TSEP運営メンバー)
【課題図書】大角暢之著『RPA革命の衝撃』
http://amazon.co.jp/dp/4492961240

【キャンセル規程】
キャンセルをされる場合は、6月14日(水)までに、こくちーずよりキャンセル手続きをお願いします。

【その他】
・参加者は事前に課題図書を読まれることを推奨します。
(レジュメによる解説を行いますので、時間がなくて本が読めないという方も歓迎します!)
・当日は名刺交換を行いますので、ぜひ名刺をご持参ください(任意)。