ご案内:第14回有識者討論会『日本財政の行方を考える』(12月17日) 

投稿者: | 2016年11月26日

テーマ:日本財政の行方を考える
講師:小黒一正(法政大学経済学部教授)

oguro

 

 

第14回有識者討論会を12月17日(土)に「日本財政の行方を考える」をテーマにお届けします。

GDP比200%以上の債務を背負い財政危機といわれて久しい我が国ですが、財政回復への道筋はいまだ厳しいといわざるをえません。高齢化社会からくる社会保障費の大幅な増加、人口減から来る日本経済の不透明な未来を鑑みると、財政再建は待ったなしといえるでしょう。
消費税増税の延期、異次元緩和、マイナス金利政策と目まぐるしく変化する中で国民はどのように備えればよいのでしょうか。財政危機からの再建には痛みもともない、我々国民にも今まで考えたことのないようなリスクが及びます。

そこで今回は、『日本財政の行方を考える』をテーマに有識者討論会を開催します。

元大蔵省(現財務省)官僚で、世代間衡平や財政・社会保障を中心に研究している小黒一正氏にご登壇いただきます。

・日本の財政問題の本質とはなにか
・財政危機のリスクとはなにか
・危機に備えた提言

これらを解説いただき、国民すべてに関係のある日本の財政問題について参加者の皆様と徹底討論したいと思います。

日本経済にご興味ある皆さま、是非ともご参加ください!

★申し込みは「こくちーず(無料告知サービス)」もしくは、Facebookにて受け付けております。参加をご希望の方は、以下のページより、お申し込み手続きをお願いいたします。

イベント申し込みフォームへ

★また、本研究会に関するお問い合わせなどがありましたら、随時、以下のアドレスまでメールください。
tsepinfo@gmail.com

【日 時】12月17日(土) 14:00~17:00
※終了後懇親会を行います

【場 所】法政大学 外濠校舎4階 S401・S404番教室
(JR総武線・都営大江戸線・東京メトロ『飯田橋駅』、JR総武線・都営新宿線・東京メトロ『市ヶ谷駅』)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
【参加費】勉強会:1500円
懇親会:1,000円(講義室で開催予定)
【定 員】40名
【テーマ】日本財政の行方を考える
【発表者】小黒一正 (法政大学経済学部教授)
【参考図書】『預金封鎖に備えよ』(小黒一正 著)
http://amzn.asia/5zn59fm

%e9%a0%90%e9%87%91%e5%b0%81%e9%8e%96%e3%81%ab%e5%82%99%e3%81%88%e3%82%88

【キャンセル規程】
キャンセルをされる場合は、12月14日(水)までに、こくちーずよりキャンセル手続きをお願いします。

【その他】
・当日は名刺交換を行いますので、ぜひ名刺をご持参ください(任意)。